トップページ > イベントトピックス >弊社の研究顧問 氏田博士が「高リスク産業における意思決定―ストレス条件下で正しく判断できる組織をつくる」他3冊を執筆、分担執筆しました。

弊社の研究顧問 氏田博士が「高リスク産業における意思決定―ストレス条件下で正しく判断できる組織をつくる」他3冊を執筆、分担執筆しました。

高リスク産業における意思決定―ストレス条件下で正しく判断できる組織をつくる 高リスク産業における意思決定
―ストレス条件下で正しく判断できる組織をつくる

Anthony J. Spurgin (原著), David W. Stupples (原著), アンソニー スパージン (著), デービッド スタップルズ (著), 内山 智曜 (翻訳), 氏田 博士 (翻訳), 村松 健 (翻訳), 富永 研司 (翻訳), 安藤 弘 (翻訳)
セキュリティの心理学 セキュリティの心理学
氏田 博士 (著), 福澤 寧子 (著), 福田 健 (著), 越智 啓太 (著)
ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策

ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
言うは易く行うは難し! ポカミス対策の基本である 『5Sの徹底』『手順書の遵守』『ヒヤリハットの報告とその活用』を継続、全社展開するには?
IoT、人工知能、VRを用いた『新しいエラー防止、教育訓練法』!
安全工学便覧 (第4版) 安全工学便覧 (第4版)
本改訂では、新たな科学・技術の進歩に伴う事項や社会の変化に対応するために必要な項目を更新。特に安全マネジメント、リスクアセスメント、原子力設備の安全などは多くを新たに書き起こしました。安全工学関係者の総力を結集した便覧。

著者紹介

【氏田 博士 Hiroshi UJITA】工学博士 主管技師長 リスク研究開発センター長

企業の研究所から大学そしてシンクタンクと一貫して研究者生活を送り、さまざまな研究提案をしてきました。リスク評価、ヒューマンファクタ研究、シビアアクシデント解析と10年毎に専門を変えてきましたが、いずれも原子力安全分野で、総合的な視点を持つことができました。

最近は地球温暖化対策としてのエネルギーシステムの研究もしています。今後も新たな研究テーマを提案していきたいと考えています。