トップページ > イベントトピックス >流体解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/red Ver.4.1 リリースのお知らせ

流体解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/red Ver.4.1 リリースのお知らせ

PDF版はこちら】

流体解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/redが高速化・安定化し、さらに使いやすくなりました。

アドバンスソフト株式会社(代表取締役社長:小池 秀耀)は、流体解析ソフトウェア Advance/Frontflow/red Ver.4.1を2010年4月26日(月)にリリースいたしました。


ごあいさつ

この度当社におきましては、Advance/FrontFlow/red Ver.4.1(AFFr4.1)をリリースいたしました。前バージョンの機能の強化はもとより多くの新機能を追加し、さらなる飛躍的な発展を遂げました。

FrontFlow/redが開発された当初は、Large Eddy Simulation(LES)という非定常乱流を精度良く解析する手法を礎とし、乱流場の大規模解析をターゲットに開発を進めてまいりました。

このたびアドバンスソフトではさらなる計算の高速性、安定性を追求しました。その結果、前バージョンのAdvance/FrontFlow/redにくらべ計算速度が飛躍的に向上でき、計算の安定性が改善され使いやすくなりました。

さらにライセンスはCPU数に依存せず、定額でご利用いただけます。これらのことから大規模並列計算の際にも、より多くのお客さまに安心してご利用いただけることが可能です。


主な改良点

  • 前処理の高速化
  • 厚みのない壁機能の改良
  • AMGソルバーの導入
  • OpenMP+マルチカラーオーダリング機能の改良
  • SIMPLE法での定常計算手法の導入
  • 高速化のためのチューニングの適用
  • k-ω、SST、DESモデルの導入
  • 並列数を変えたリスタート機能の追加
  • bicgstab法を使った非圧縮のスライディング格子計算
  • 界面勾配計算でのWLSQ法(重みつき最小二乗法)の追加
  • 非定常計算でのSIMPLE,PISO法の導入
  • VOF法とk-ε機能の改良

詳細は、2010年5月31日(月)に開催されるバージョンアップセミナーにてご説明します。

出荷開始

2010年5月中旬から順次送付(予定)


アドバンスソフト株式会社について

代表取締役社長:小池秀耀
設立:2002年4月
社員数:73名(2010年3月8日現在)
本社:東京都港区赤坂一丁目9番20号第16興和ビル南館7F

当社は、シミュレーション等の科学技術計算用ソフトウェアを中心としたデジタルエンジニアリング、システム開発の専門会社です。海外勢におされがちな技術系ソフトウェアの水準を世界標準に近づけるべく、数多くの国家プロジェクトに参加し、世界に通用する国産ソフトウェアの開発とその実用化に邁進しています。また、お客さまのニーズにあわせた受託開発、受託解析、パッケージソフト販売等、最先端の科学技術計算による総合サービスを提供しています。

※下記URLよりご覧下さい。

会社案内

この件についてのお問い合わせ先

アドバンスソフト株式会社
第一事業部 営業部 河口、柴山
TEL: 03-5570-1689 FAX: 03-5570-1684
E-mail: office@advancesoft.jp