トップページ > イベントトピックス >弊社のリスク研究開発センター長の氏田博士が「セキュリティの心理学」を分担執筆されました。

弊社のリスク研究開発センター長の氏田博士が「セキュリティの心理学」を分担執筆されました。

弊社のリスク研究開発センター長をつとめていただいている、環境安全学研究所 研究所代表の氏田 博士が「セキュリティの心理学―組織・人間・技術のマネジメント(海文堂, 2019年, 183ページ)」を分担執筆されました。

情報システム利用者や不正行為者の心理・行動とセキュリティ技術に関する調査・検討を元に、IoTシステムに関わる多くの人にセキュリティ心理学の重要性を解説し、読者が自分の知識として活用できるようになることを目的としています。また、セキュリティ関係者が総合的なセキュリティ対策を講ずることができるように支援します。


著者略歴

氏田 博士(うじた ひろし)

1974年3月 九州大学 工学部 原子核工学科 卒業
1988年9月 東京大学 大学院 工学系研究科より 工学博士
1974年4月 株式会社 日立製作所入社 エネルギー研究所 主任研究員
2011年4月 東京工業大学 大学院 理工学研究科 原子核工学専攻 特任教授
2011年4月 キヤノングローバル戦略研究所 上席研究員
2017年3月 アドバンスソフト株式会社 リスク研究開発センター長
東京工業大学、慶應大学、東北大学、東京都市大学、東京大学、等の 非常勤講師

主な著書に、
『ITリスク学 情報セキュリティ技術を超えて』2012、共立出版社
『エネルギービジョン 地球温暖化抑制のシナリオ』2014、海文堂
『エネルギー科学と地球温暖化』2015、共立出版社
『システム安全学 文理融合のための専門知』2015、海文堂 他多数

主な表彰に、
日本人間工学会 橋本賞(平成5年度最優秀論文)
計測自動制御学会 平成6年度 第10回ヒューマンインタフェース
シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞
人工知能学会 平成6年度研究奨励賞
日本原子力学会 平成15年度技術開発賞
日本信頼性学会 平成16年度優秀記事コラム賞
日本原子力学会 平成17年度社会環境部会 優秀発表賞 他


関連する情報

環境安全学研究所 代表 氏田 博士
セキュリティの心理学