トップページ > イベントトピックス >ユーザー様がAdvance/PHASE を用いた研究成果を発表されました。

ユーザー様がAdvance/PHASE を用いた研究成果を発表されました。

当社の 第一原理計算ソフトウェア Advance/PHASE のユーザー様、国立研究開発法人 産業技術総合研究所 多田幸平様が、 Advance/PHASE を用いた研究成果 を発表されました。

  1. K. Tada, H. Koga, M. Okumura, S. Tanaka, "Estimation of spin contamination error in dissociative adsorption of Au2 onto MgO(001) surface: First application of approximate spin projection (AP) method to plane wave basis" Chem. Phys. Lett. 701, 103 (2018) [Abstract]

  2. (補足:当該論文内容は既にPHASEセミナーで発表されており、アドバンスシミュレーション図書館にて公開されています。)