トップページ > イベントトピックス >ユーザー様がAdvance/PHASE を用いた研究成果を発表されました。

ユーザー様がAdvance/PHASE を用いた研究成果を発表されました。

当社の 第一原理計算ソフトウェア Advance/PHASE のユーザー様、東北大学 吉見 享祐 准教授が、 Advance/PHASE を用いた研究成果 を発表されました。

  1. Junya Nakamura, Takahiro Kaneko, Takashi Hara, Kyosuke Yoshimi, Kouichi Maruyama, Hirokazu Katsui, Takashi Goto (2014) Site-occupation behavior and solid-solution hardening effect of rhenium in Mo5 SiB2, Intermetallics, Volume 53, October 2014, Pages 85-91, DOI 10.1016/j.intermet.2014.04.009 [Abstract]