トップページ > イベントトピックス >独立行政法人 日本原子力研究開発機構様と大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構様が共同で建設した大強度陽子加速器施設(J-PARC)の開発で感謝状をいただきました。

独立行政法人 日本原子力研究開発機構様と大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構様が共同で建設した大強度陽子加速器施設(J-PARC)の開発で感謝状をいただきました。

当社は、独立行政法人 日本原子力研究開発機構様 (JAEA様)から、大強度陽子加速器施設(J-PARC)で行われる大規模科学実験のための装置制御プログラム、解析プログラムの開発を委託されています。


独立行政法人 日本原子力研究開発機構様 (JAEA様)と大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構様 (KEK様) が共同で建設した大強度陽子加速器施設(J-PARC)では素粒子物理、原子核物理、物質科学、生命科学、原子力の各分野に関連する大規模実験が行われています。

特にアドバンスソフトでは、世界最高強度の中性子散乱施設である物質科学実験施設(MLF)において実験装置の遠隔制御プログラム、大規模な検出器群からのデータ集収プログラム、およびその膨大なデータから有益な物理的考察を可能とする解析プログラムの作成を行っています。

この中性子散乱実験を計算科学の分野として支援することで、燃料電池材料、高機能高分子材料、高温超伝導材料などに応用される全く新しい物質・材料の研究開発や、生命科学に関わるタンパク質等の構造・機能解析研究、またそれらを用いた産業発展に貢献しています。

改めて御礼を申し上げるとともに、これからもさまざまな社会貢献活動を推進してまいります。


感謝状

お問い合わせページへ