トップページ > サポート > 資料ダウンロード > シミュレーション図書館 出版物 技術情報誌(アドバンスシミュレーション) > 【技術情報誌】Advance/REVOCAP(ADAP)構造用> Whisker-Weaving法の概要とその反例について

資料ダウンロード > シミュレーション図書館 出版物 技術情報誌(アドバンスシミュレーション)

| ログイン | ログアウト | 新規メンバー登録

ダウンロード申込(初回のみ):アドバンス/シミュレーションフォーラム会員登録が必要です

【技術情報誌】Advance/REVOCAP(ADAP)構造用> Whisker-Weaving法の概要とその反例について

アドバンスシミュレーション Vol.17, 徳永 健一, Whisker-Weaving法とは、Tautges[1][2]らによって発表された六面体のメッシュ生成手法の一種で、商用のメッシュ生成ソフトウェアの一部にも組み込まれています。そのアルゴリズムの日本語による解説がほとんどないことから、ここに簡単に紹介することとし、またこの手法では生成できないような例を紹介します。

[1] Tautges, Timothy J., Ted Blacker, and Scott A. Mitchell. "The whisker weaving algorithm: A connectivity-based method for constructing all-hexahedral finite element meshes." International Journal for Numerical Methods in Engineering 39.19(1996): 3327-3350.

[2] Tautges, Timothy J. "The generation of hexahedral meshes for assembly geometry: survey and progress." International Journal for Numerical Methods in Engineering 50.12 (2001): 2617-2642.

(PDF:575kB)

ダウンロードする