トップページ > サポート > 資料ダウンロード > シミュレーション図書館 パッケージソフトウェア 流体 > 【流体】Advance/FrontNoise> セミナー資料(音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise 事例および基礎セミナー)20150730_04【音響解析の原理と入出力の関係】

資料ダウンロード > シミュレーション図書館 パッケージソフトウェア 流体

| ログイン | ログアウト | 新規メンバー登録

ダウンロード申込(初回のみ):アドバンス/シミュレーションフォーラム会員登録が必要です

【流体】Advance/FrontNoise> セミナー資料(音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise 事例および基礎セミナー)20150730_04【音響解析の原理と入出力の関係】

・ソルバ本体の使い方
・ツール群の使い方
・まとめ
※音響解析ソフトウェアAdvance/FrontNoiseは、有限要素法ソルバ本体と、入出力機能を支援するツール群から構成されます。

●プリポストを利用する部分以外のAdvance/FrontNoise利用方法について説明しました。
・解析に必要なデータの作成方法
・解析機能の実行方法
●Advance/FrontNoise本体以外に、解析時に利用するいくつかの便利なツールの機能を説明しました。
・可視化ファイルを作成する機能
・結果ファイルから任意の点の解析結果を取り出す機能
・メッシュ細分化機能、粗視化機能
●Advance/FrontNoiseの専用プリポストAdvance/REVOCAPについては、>こちらをご覧ください。 (PDF:2,068kB)

ダウンロードする