トップページ > サポート > 資料ダウンロード > シミュレーション図書館 パッケージソフトウェア 流体 > 【流体】Advance/FrontNoise> セミナー資料(音響解析ソフトウェアAdvance/FrontNoise最新動向セミナー)20130613_03【音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise の解析機能】

資料ダウンロード > シミュレーション図書館 パッケージソフトウェア 流体

| ログイン | ログアウト | 新規メンバー登録

ダウンロード申込(初回のみ):アドバンス/シミュレーションフォーラム会員登録が必要です

【流体】Advance/FrontNoise> セミナー資料(音響解析ソフトウェアAdvance/FrontNoise最新動向セミナー)20130613_03【音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise の解析機能】

Advance/FrontNoise では、音源の位置と大きさ等を入力として、解析領域内の音圧レベルを求めます。数値解法には有限要素法を利用しています。要素は形状適合性の高い4面体要素を使用しています。

Advance/FrontNoise の特長は、①大規模解析が可能、②低コストのソフトウェア、③メンテナンス体制です。大規模解析では、4億要素、7000万節点の解析実績があります。

Advance/FrontNoiseでは、騒音・音響解析の最小限度必要なコア部分のみを安価で提供いたします。複数CPUでの稼動も同一料金です。さらに、自社開発ソフトのため十分なサポート体制がとれます。また、特定のニーズにカスタマイズが可能(別途料金)です。(PDF:1,474kB)

ダウンロードする