トップページ > サポート > 資料ダウンロード > シミュレーション図書館 出版物 技術情報誌(アドバンスシミュレーション) > 【技術情報誌】その他> 最適スペーサ形状探索に向けたスーパーコンピューティング

資料ダウンロード > シミュレーション図書館 出版物 技術情報誌(アドバンスシミュレーション)

| ログイン | ログアウト | 新規メンバー登録

ダウンロード申込(初回のみ):アドバンス/シミュレーションフォーラム会員登録が必要です

【技術情報誌】その他> 最適スペーサ形状探索に向けたスーパーコンピューティング

アドバンスシミュレーション Vol.22, 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 原子力基礎工学研究センター 研究主席 高瀬 和之, 最適形状の探索は数値流体力学の得意とするところであり、複雑な3次元形状を有するスペーサに対してもスーパーコンピュータを使うことで高解像度の計算が可能になり、形状に依存する伝熱特性の評価が可能になります。SCWRの設計では、炉心入口/出口冷却材温度280~550℃、冷却材圧力25MPaであり、特に超高圧であるため、実験的な検討が容易ではないことから数値流体力学に基づく数値実験が有効です。本研究では、最適スペーサ形状探索のための研究の一環として実施した数値実験の結果について紹介します。(PDF:479kB)

ダウンロードする