トップページ > サポート > 資料ダウンロード > シミュレーション図書館 出版物 技術情報誌(アドバンスシミュレーション) > 【技術情報誌】その他> 被ばく線量評価の実際(簡易計算からSPEEDIまで)

資料ダウンロード > シミュレーション図書館 出版物 技術情報誌(アドバンスシミュレーション)

| ログイン | ログアウト | 新規メンバー登録

ダウンロード申込(初回のみ):アドバンス/シミュレーションフォーラム会員登録が必要です

【技術情報誌】その他> 被ばく線量評価の実際(簡易計算からSPEEDIまで)

アドバンスシミュレーション Vol.10, 吉岡 逸夫, 原子力の安全性の問題は、つきつめるところ放射線(およびそれに起因する被ばく)に対する安全性の問題と言えます。歴史を遡ると、原子力発電所が実現する以前、わが国は広島・長崎への原爆投下、第五福竜丸の事件を経験し、最近では1999年のJCO臨界事故、今年3月の福島第一原子力発電所の事故を経験しました。いずれの場合にもあてはまるが、放射線の脅威となる理由はそれが目に見えないこと、放射性核種によっては影響が長く継続することです。本稿では、放射線による被ばくに焦点をあて、わが国における原子力安全に関する取組みを紹介するとともに、被ばく線量の予測法について、簡易的な方法から、最近マスコミに頻繁に登場する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI:System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information)を含む、数種類の計算コードについて概説します。 (PDF:926KB)

ダウンロードする