トップページ > 製品サービス案内 > 国のプロジェクトへの参加 > 科学技術振興機構(JST) 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 「半導体デバイス3次元TCADシステム」

科学技術振興機構(JST) 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 「半導体デバイス3次元TCADシステム」

委託者

独立行政法人 科学技術振興機構(JST)


事業名

研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)


プロジェクト名

「半導体デバイス3次元TCADシステム」


共同研究者

明治大学 冨澤 一隆 教授


関連リンク

独立行政法人 科学技術振興機構 殿 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)「半導体デバイス3次元TCADシステム」

「半導体デバイス3次元TCADシステム」の開発

科学技術振興機構 (JST) は平成23年度研究成果最適展開支援プログラム (A-STEP) 本格研究開発ステージ 実用化挑戦タイプにおいてアドバンスソフト株式会社が提案した「半導体デバイス3次元TCADシステム」を採択しました。これに伴い、アドバンスソフト株式会社は本格的なTCADの開発に着手しました。開発期間は平成23年度から平成27年度で、開発担当者はアドバンスソフト株式会社です。このプロジェクトの目的は、世界レベルの本格的「半導体デバイス3次元TCADシステム」を開発し、事業化することです。

このJSTプロジェクトは開始されたばかりであるが、国産のTCADを開発する重要な機会と考えます。ここでは「半導体デバイス3次元TCADシステム」の開発プロジェクトについて紹介します。ただし、このプロジェクトは開発するソフトウェア・システムの基本設計を終了したところであり、まだ公開できない部分も多くあります。ここでは、企画提案書をもとにプロジェクトについて紹介します。(続く)

NEW! → 【続きはこちらをダウンロードください】 (PDF: 1,801 KB)

お問い合わせページへ