トップページ > 製品サービス案内 > 地球シミュレータによる解析サービス > 地球シミュレータによる解析事例

地球シミュレータによる解析事例

地球シミュレータを利用した解析の実施例を数例、ご紹介します。

車両の空力評価・解析(フォーミューラーカー)

フォーミューラーカー

揚力、横力などの非定常な空力特性を正確に把握し、車両性能を向上させるため、100Nodes(800Cpu)を使用。非定常空力解析としては世界最大規模の1.1億セルの4面体格子を用い、車体及び車体構成部品も忠実に再現した、LESによる解析を実施。

車両の空力評価・解析
提供:
東京大学生産技術研究所 ES
空力研究チーム チームリーダ
電気通信大学 坪倉 誠 助教授
協力:
(株)日本レースプロモーション様
Formula NIPPON

高圧・多段ポンプの騒音発生機構の解析

火力発電用ボイラーの多段給水ポンプ(BFP)の低騒音設計を目的として、LES流体解析~圧力変動による音源~BFP本体の音の伝播解析から構成する解析を、数千万要素の大規模な流体・構造連成で解析。

高圧・多段ポンプの騒音発生機構の解析
提供:
(株)日立プラントテクノロジー様
東京大学生産技術研究所
計算科学技術連携研究センター様

半導体デバイス表面・界面反応の解析

半導体デバイス表面・界面反応の解析

380ノード(3040cpu)を使い、Si5800個中にAs1原子を計算した例

半導体の浅い不純物準位の構造、特にバレー分裂効果の把握、Si中のAsドナー準位の濃度依存性、帯電効果、不純物元素依存性などを解析。

実績

ベクトル化率
99.4%
並列化率
99.98%
性能比
64%

このカテゴリの記事一覧

お問い合わせページへ