トップページ > 製品サービス案内 > 受託開発サービス > 【開発事例: 共通】 リアルタイム物理シミュレータ開発

【開発事例: 共通】 リアルタイム物理シミュレータ開発

弊社では、リアルタイムな物理シミュレータの受託開発も行っております。通常の解析と違い、ごく普通のPCが1台あれば、描画を含めて、リアルタイムにシミュレーション結果を確認することができます。

   [事例1] 地震時の家具の転倒シミュレーション
   [事例2] 地震時のレンガの倒壊シミュレーション
   [事例3] 波のシミュレーション

特長

  • リアルタイムにCGと連動させることができます。
  • 剛体だけでなく、弾性体や流体なども扱えます。
  • GUIとの連携も可能です。
  • お客さまのニーズにあわせて、最適な物理エンジンをご案内させていただくことで、低コストで高品質なシミュレータを開発できます。

※ こちらのご案内では、精度より、リアルタイム性を重視しております。
 解析精度をお求めの場合は、弊社の解析ソフトや解析サービスをご検討くださいませ。

低コストで高品質なシミュレータを開発

[事例1] 地震時の家具の転倒シミュレーション

(独立行政法人 建築研究所様の委託によります)

  • 開発言語:C++
  • 物理エンジン:Open Dynamics Engine
  • 計算速度:秒間60フレーム

地震発生前の家具の様子です

図1 地震発生前の家具の様子です



地震により、家具が倒れ始めます

図2 地震により、家具が倒れ始めます



次々と家具が倒れていきます

図3 次々と家具が倒れていきます



本が本棚から落ちて散乱しています

図4 本が本棚から落ちて散乱しています



視点変更も容易です

図5 視点変更も容易です



最終的には全ての家具が倒れます

図6 最終的には全ての家具が倒れます



[事例2] 地震時のレンガの倒壊シミュレーション

(独立行政法人 建築研究所様の委託によります)

  • 開発言語:C++
  • 物理エンジン:Open Dynamics Engine
  • 計算速度:秒間60フレーム

地震発生前のレンガの様子です

図7 地震発生前のレンガの様子です



地震により、レンガが崩れ始めます

図8 地震により、レンガが崩れ始めます



最終的には大半のレンガが倒れます

図9 最終的には大半のレンガが倒れます



[事例3] 波のシミュレーション

  • 開発言語:C++
  • 物理エンジン:NVIDIA PhysX
  • 計算速度:秒間60フレーム

初期状態です

図10 初期状態です



重力を発生させます

図11 重力を発生させます



はねかえりによる飛沫が発生します

図12 はねかえりによる飛沫が発生します



水面が激しく揺れます

図13 水面が激しく揺れます



しばらく揺らいでいますが

図14 しばらく揺らいでいますが



最終的には安定します

図15 最終的には安定します



開発の流れ

開発の流れ

図16 開発の流れ



印刷版はこちらをダウンロードしてください
リアルタイム物理シミュレータ開発のご案内(PDF: 870 KB)


お問い合わせページへ