トップページ > 製品サービス案内 > コンサルテーション > 【コンサルテーション事例】 製品設計・施工プラットフォームへのシステム適用

【コンサルテーション事例】 製品設計・施工プラットフォームへのシステム適用

一般的支援ツールとしてPSE Workbenchをご用意しています。

機能の概要は下記の通りです。

  1. 日常的に使っている設計パラメータが直接の入力データとして活用できること。 CADあるいは部品アイコンなどを活用して、入力データを現場の作業に即して簡易に作成できるようになっています。
  2. ユーザーの関与なしでシミュレーションツール群の最適な組み合わせが選べること かつそのためのインターフェイスデータの加工等が不要であること。 ユーザの作業手順に従って、条件分岐も含め解析手順をタスクフローとして定義し、タスクフロー間でのデータ加工のルーチンをタスクフローに挿入することにより、シミュレーションツール群の最適な組み合わせが実現できます。
  3. 直接設計に役立つ形に加工された計算アウトプットになっていること。 種々の出力表現が可能なため、直接設計に役立つ形に加工された計算アウトプットが容易に実現でき、また、良い結果だけではなく悪い結果も含めてナレッジとして過去の作業をいつでも参照し、再利用できるようになっています。

従って、PSE Workbenchは部門単位ごと、製品単位ごと、PJ単位ごとにカスタマイズして、業務の効率化にお役立ていただける仕組みになっているのが特長です。

図・PSEWorkbenchの統合GUI

具体的な開発事例が下記にあります。下記図のピンクの部分がPSE Workbenchの基本思想を取り入れた機器のシステムシミュレータで、将来的にはお客様が保有のシステムやデータベースなどと接続し、最適設計・信頼性工学までを取り込んだトータルな製品設計・施工プラットフォームへの発展を視野に入れた構想を提案しています。

 図・製品設計・施工プラットフォーム

このようなトータルな製品設計・施工プラットフォームの構築により期待できる効果はつぎの通りです。

  • デジタルモックアップ(DMU)の核として使うことにより、製品企画から保守点検まで のツールとなります。
  • 運転・制御系SWと機械(HW)側の同時開発(協調エンジニアリング)が可能となります。 今までは、HWが出来てからSWの開発調整と言うシーケンシャルな開発作業を改め、 SWの検証不足を解消し、お客様の身近な操作でのトラブルを撲滅できます。
  • 性能最適化、機器設置の最適化、営業PRツールにも活用可能です。
 図・高度なシミュレーション技術の活用でDMUの構築
お問い合わせページへ