トップページ > サポート > メールマガジン > 2006年9月号

2006年9月号

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★月刊Advance News  2006年 9月号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次
 ▽今月のTOPICS
   ▲日立製作所-アドバンスソフト共催セミナー開催
 ▽イベントのご案内
   ▲第2回デジタルエンジニアリングセミナー

 (アドバンスソフト(株)については本メールの最後にご紹介しています。)
┌────────────────────────────────
│1. 今月のTOPICS
└────────────────────────────────
 今月のトピックスは、「日立製作所-アドバンスソフト共催セミナー
”第2回デジタルエンジニアリングセミナー”」です。
(株)日立製作所とアドバンスソフトがご提案するデジタルエンジニアリング
ソリューションをご紹介いたします。
 セミナーでは、基調講演としまして 東京大学 人工物工学研究センター
センター長 上田 完次 教授に「イノベーションへのコンピューテーショ
ナルアプローチ」というタイトルでご発表いただくとともに、ユーザ様の事例
としまして、株式会社本田技術研究所 二輪開発センター 中村 豊一研究員
よりご発表をいただきます。
 ただいまセミナー参加のお申し込みを受け付けております。皆様からの
お申込みをお待ち申し上げています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥■
┌────────────────────────────────
│2. イベントのご案内
└────────────────────────────────
1)第2回デジタルエンジニアリングセミナー
-性能と品質を作り込むナレッジ活用型CAE-

 株式会社日立製作所と共同で第2回デジタルエンジニアリングセミナーを
開催いたします。
 本セミナーでは、昨今の製造業における製品開発において、ナレッジの粋
であるCAEの活用が如何に有効な手段であるかをお伝えしたいと存じます。
 製造業においては製品ライフサイクルの短期化、顧客ニーズの多様化の
進展に伴う「製品開発期間の短縮」が緊急の課題となっております。
他方で、製品の安全性、環境問題への対応など、「品質」への要求は更に
厳しいものとなり、「高付加価値」製品でなければ、売れない時代を迎えて
おります。
 こうした状況の中、まさにナレッジの粋であるCAEの活用が製品開発にお
いて有効な手段になります。
 このような観点から、基調講演として、東京大学 人工物工学研究センター
センター長 上田 完次 教授に「イノベーションへのコンピューテーショ
ナルアプローチ」と題してご紹介いただくとともに、ユーザ様の事例といた
しまして、株式会社 本田技術研究所二輪開発センター 中村 豊一 研究員
よりご発表をいただきます。
 具体的なソリューションにつきましては、主催者よりそれぞれご紹介をさせ
ていただきます。詳しくは、ホームページからご覧ください。

【開催要項】

 1. 日時:2006年10月5日(木) 13:30~17:30

 2. 開催場所:日本工業倶楽部(東京 丸の内) 大会堂
   http://www.kogyoclub.or.jp/access.html

 3. 参加費:無料

 4. 定員:100名(先着順)

 5. 主催:株式会社日立製作所
URL http://www.hitachi.co.jp/plm
      アドバンスソフト株式会社
RUL http://www.advancesoft.jp/

 6. お申込方法
   次のご案内ページからリンクされているお申込フォームにご記入の上、
   ご送信ください。
URL:http://www.advancesoft.jp/topics/2de20061005.html

7.招待講演者ご略歴
   東京大学 人工物工学研究センター センター長 上田 完次 教授
    1972年大阪大学大学院精密工学専攻修士課程修了。
    同年神戸大学工 学部助手、金沢大学工学部教授、
    神戸大学工学部教授等を経て、2002年より東京大学人工物工学研究
    センター教授。
    創発的シンセシス、生物指向型生産シス テム、共創的意思決定、
    実世界ジレンマ等の研究。
    日本機械学会フェロー 、精密工学会、 CIRP等の会員。

   株式会社 本田技術研究所 二輪開発センター 研究員 中村 豊一 氏
    1983年 株式会社本田技術研究所に入社。設計研究用社内ソフト開発
    とCAE解析に従事。
    現在は、並列コンピュータ活用推進と、2輪車衝突解析サポートを
    ご担当。
   
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥■
┌────────────────────────────────
│3. 編集後記
└────────────────────────────────
  Advance/NextNVH -超大規模かつ高速固有値解析の実現と最適化-
セミナーを8月29日(火)開催いたしました。多くの方にご参加いただき、また、
遠方からも多数の方にお越しいただきまして、誠に有難うございました。
 次世代NVH最適設計並列システム「Advance/NextNVH」についてご興味を
お持ちいただけましたら、お気軽に弊社営業部までお問い合わせください。

┌────────────────────────────────
│4. アドバンスソフト株式会社についてhttp://www.advancesoft.jp/
└────────────────────────────────
 アドバンスソフト株式会社は、文部科学省のITプログラム「戦略的基盤
ソフトウェアの開発」プロジェクトを推進するベンチャー企業として設立さ
れました。また、2005年より文部科学省次世代IT基盤構築のための研究
開発プログラム「戦略的革新シミュレーションソフトウェアの研究開発」プ
ロジェクトに携わっています。バイオ・ナノシミュレーション、熱・流体解析、
構造解析、統合プラットフォーム等の次世代シミュレーションソフトウェアの
開発を東京大学生産技術研究所計算科学技術連携研究センターから受託し
行なっています。
詳しい情報につきましては、ホームページをご覧ください。

 Advance/ProteinDF、Advance/BioStation、Advance/FrontSTR、
Advance/FrontFlow/red、Advance/FrontFlow/blue、Advance/PHASE
は東京大学生産技術研究所計算科学技術連携研究センターが実施した
文部科学省ITプログラム「戦略的基盤ソフトウェアの開発」プロジェクトの
成果(ソフトウェア)をアドバンスソフト株式会社が商用ライセンスの許諾を
受けて、独自に改良したものです。
アドバンスソフト株式会社は「戦略的基盤ソフトウェアの開発」 プロジェク
トに参加しソフトウェアの開発を担当しました。
__________________________________
発行:アドバンスソフト株式会社   http://www.advancesoft.jp/
〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目9番20号 第16興和ビル南館
TEL:03-5570-1680(代表) FAX:03-5570-1684
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄