トップページ > サポート > メールマガジン > 2005年6月号

2005年6月号

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★月刊Advance News  2005年 6月号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次
 ▽今月のTOPICS
   ▲タンパク質量子化学計算ソフトウェア「Advance/BioStation」
 ▽イベントのご案内
   ▲東大生研公開
   ▲第7回中部CAE懇話会
   ▲ナノ材料第一原理計算ソフトウェアセミナー
 ▽書籍案内
   ▲フラグメント分子軌道法入門
 ▽お知らせ
   ▲本社事務所移転完了
 
┌────────────────────────────────
│1. 今月のTOPICS
└────────────────────────────────

 アドバンスソフト株式会社は、文部科学省ITプログラム「戦略的基盤ソフト
ウェアの開発」プロジェクトに携わっている民間企業です。バイオ・ナノ
シミュレーション、熱・流体解析、構造解析、統合プラットフォーム等の
次世代シミュレーションソフトウェアの開発を東京大学生産技術研究所計算
科学技術連携研究センターと共同で行なっています。
このコーナーでは、毎回、弊社が改良しパッケージソフトとしてご提供させ
ていただいているソフトウェアから1つを取り上げさせていただき、ご紹介
して参ります。

さて、今月のTOPICSは、「 Advance/BioStation 」です。

 「Advance/BioStation」は、非経験的フラグメント分子軌道法(ab initio
FMO法)を用いてタンパク質と化学物質の相互作用解析を行うユニークな
量子化学計算ソフトウェアです。フラグメント分子軌道法は、タンパク質、DNA、
糖鎖、低分子化合物およびこれらの複合体をフラグメントと呼ばれる小原子
団(具体的には、アミノ酸残基、ヌクレオチド、単糖類、低分子、水分子など)
に分割し、分子軌道計算を行うことにより、エネルギーなどの物理量を高精度
で近似計算する方法です。この方法は並列処理に向いた計算法であるため
並列計算機で高速に処理できます。

 フラグメント分子軌道法の特徴は、フラグメントレベルでの相互作用解析が
できることです。たとえば、タンパク質をアミノ酸1残基単位でフラグメントに
分割すると、各アミノ酸残基同士の相互作用あるいは各アミノ酸残基とリガンド
分子との相互作用エネルギー値を詳細に調べることができます。また、1フラ
グメントとフラグメント群、あるいはフラグメント群とフラグメント群との相互
作用エネルギーも解析できます。これらは、アミノ酸残基とタンパク質ドメイン、
低分子とタンパク質、タンパク質ドメイン同士、タンパク質と DNA などより
大きな構造で相互作用を解析することに相当します。

 さらに、電子密度分布、静電ポテンシャル、分子の周囲の電場、フラグメント
内の分子軌道も付属の可視化・解析ツールで観察できます。
これらの情報は、タンパク質とより強く結合する分子の設計、タンパク質と
低分子との結合能の評価、修飾を受けたりミューテーションされたタンパク質
やDNA の性質の解析などに役に立ちます。物質探索の最終段階、特定の物質の
性質の探求などの場面、実験が困難な場合で特に有用です。

 弊社は,「Advance/BioStation」の販売・サポートだけでなく、解析業務も
承っております。ご興味のある皆様のお問い合わせをお待ちしております。

詳しくはホームページで。
http://www.advancesoft.jp/service/package/biostation/index.html

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 Advance/BioStationは東京大学生産技術研究所計算科学技術連携
研究センターが実施した文部 科学省ITプログラム「戦略的基盤ソフトウ
ェアの開発」プロジェクトの成果(ソフトウェア)をアドバンスソフト株式
 会社が独自に改良したものです。
 アドバンスソフト株式会社は「戦略的基盤ソフトウェアの開発」 プロジェ
 クトに参加しソフトウェアの開発を行いました。
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

▲次回は、構造解析用有限要素解析「Advance/pSAN」をご紹介します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥■
┌────────────────────────────────
│2. イベントのご案内
└────────────────────────────────
1.東大生研公開パネル展示のご案内

 来る6月2日(木)、3日(金)、東京大学生産技術研究所の研究公開と講演
が実施されます。両日は、一般の方の研究棟への入場が可能となっており、
普段ベールに閉ざされた研究施設を身近にご覧いただくことが可能です。
東京大学が誇る世界一級の教員と最優秀の大学院生による最先端の研究につ
いての講演も実施されます。入場無料。詳しくは、東京大学生産技術研究所
ホームページ、http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/announce/
「生研公開のご案内」からご覧ください。
 会期中、アドバンスソフトは、東大生研公開の会場C棟2階ラウンジの、文部
科学省ITプログラム「戦略的基盤ソフトウェアの開発」プロジェクトと、国際
産学共同研究センター(CCR棟)1Fのコーナーで、パネル展示を行います。
プロジェクト内での当社の位置づけをご紹介するとともに、独自で提供させ
ていただいているサービス・製品などについて、当社説明員が、ご紹介させ
ていただきます。皆様のお立ち寄りをお待ちしています。

  名称:東大生研公開
  会期:2005年6月2日(木)10:00-17:00、 6月3日(金) 10:00-16:00
  場所:東京大学 生産技術研究所 〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
  地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html
      (駒場IIキャンパスになります)
  入場:無料

2.第7回中部CAE懇話会パネル展示のご案内


 来る6月17日(金)に愛知県刈谷市産業振興センターにおいて、
「第7回中部CAE懇話会」が開催されます。今回は、「CAEの次なるステップは?」
をテーマに国内の主要メーカ様や大学の研究者様のご講演をお聞きいただく
ことができます。なお、入場は、有料となります。
詳しくは、第7回中部CAE懇話会のホームページをご覧ください。
http://www.cae21.org/chubu_cae/chubu_No7/No7_annai.html

アドバンスソフトは、この同会において、パネル展示を行います。当社説明員
がお客様のお越しをお待ちしておりますので、当社製品やサービスに関する
お問い合わせなどお気軽にご質問ください。皆様のお越しをお待ちしています。

  名称:第7回中部CAE懇話会
  会期:2005年6月17日(金) 9:30-20:00
  場所:刈谷市産業振興センター    愛知県刈谷市相生町1丁目1番地6
地図:http://www.city.kariya.aichi.jp/sisetu/y_3_01f.html
  入場:有料

3. ナノ材料第一原理計算ソフトウェアセミナー

 弊社が販売するナノ材料第一原理計算ソフトウェア・パッケージ<Advance/
PHASE>の利用をご検討中の皆様を対象に製品に関するセミナーを開催いたし
ます。今回は、<Advance/PHASE> の適用可能性やエンハンス計画などを
ご紹介させていただくとともに、ソフトウェアの操作方法などに重点をおいて
実演を実施させていただきます。
是非ともこの機会に、皆様のご参加を賜りますようお願い申し上げます。

          記
(1)開催日、タイトル
2005年7月7日(木)13時~17時30分 第3回Advance/PHASEセミナー
(2)場所:日本自転車会館
       住所:〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-15
       電話:03-3585-5455
地図:http://www.jitensha-kaikan.or.jp/map/map.htm
(3)プログラム:
   1)<Advance/PHASE>の詳細機能と事例説明
  ・Advance/PHASEの適用可能性について
      ・製品エンハンス計画
     ・実演によるデモンストレーション
   2)価格、質疑応答他
(4)定員:各40名
                                以上

*お申込は下記項目にご記入頂き、このまま返信メールにてお送り下さい。
-------------------------------------------------------
セミナー参加申込み:第3回Advance/PHASEセミナー(2005年7月7日開催)
  
  貴社(校)名:
ご所属:
役職:
ふりがな:
ご氏名:
〒:
住所:
TEL:
FAX:
E-mail:
-------------------------------------------------------

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥▼セミナー開催予定▼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
8月以降のセミナーでは、内容を一新する予定にしております。
詳細が決定次第皆様にご案内させていただきます。どうぞご期待ください。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥■
┌────────────────────────────────
│3. 書籍のご案内
└────────────────────────────────
 文部科学省ITプログラム「戦略的基盤ソフトウェアの開発」プロジェクトの
ソフトウェア活用に役立つ書籍をご案内します。

タイトル:フラグメント分子軌道法入門 
    ― ABNIT-MPによるタンパク質の非経験的量子化学計算 ―
     (ISBN 4-9902143-1-5)

 概要:「本書は、タンパク質や DNA などの巨大分子や多数の分子を含む系のエ
ネルギーを高速にかつ高精度で計算する非経験的フラグメント分子軌道法
(ab initio FMO 法)を実装したソフトウェアの解説書です。
付属の CD-ROM にはソフトウェアがサンプルデータとともに収録されているので、
本文の記述にしたがって実際にソフトウェアを使用しながら、ab initio FMO 法に
よる解析方法を学ぶことができます。例題もパソコン一台でも計算できるように
選ばれ、また、本書の最終章で、大規模な計算の例としてエストロゲン受容体と
エストロゲン類似分子の解析を紹介しています。‥‥」

詳細はこちら↓
 http://www.advancesoft.jp/service/public/book2.html

ご購入に関してはこちら↓
 http://www.advancesoft.jp/service/public/index.cgi
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥■
┌────────────────────────────────
│4.お知らせ
└────────────────────────────────
 本社事務所移転完了のお知らせ
弊社は先にご案内申し上げました通り、去る5月2日、本社事務所を移転致
しました。従来の四谷日本生命ビルより、赤坂第16興和ビルに移転し、
営業を行っております。5月25日に、お取引先や文部科学省・東京大学等
関係先よりご来賓をお迎えして、新事務所披露会を行いました。多くの皆様に
ご来場・ご高覧戴きまして有難うございました。 
新事務所は、赤坂のアメリカ大使館正門前の交通至便の立地ですので、皆様も
お近くにお出での節は是非お立ち寄り下さい。
今後とも、宜しくご指導をお願い申し上げます。 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥■
┌────────────────────────────────
│5. アドバンスソフト株式会社についてhttp://www.advancesoft.jp/
└────────────────────────────────
 アドバンスソフト株式会社は、文部科学省のITプログラム「戦略的基盤
ソフトウェア開発プロジェクト」を推進する民間企業として設立されました。
バイオ・ナノシミュレーション、熱・流体解析、構造解析、統合プラット
フォーム等、次世代シミュレーションソフトウェアの開発を東京大学生産
技術研究所計算科学技術連携研究センターと共に行なっております。
詳しい情報につきましては、ホームページをご覧ください。
__________________________________
発行:アドバンスソフト株式会社   http://www.advancesoft.jp/
〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目9番20号 第16興和ビル南館
TEL:03-5570-1680(代表) FAX:03-5570-1684
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄