トップページ > 会社概要 > 技術者紹介 > 井田 喜明 Yoshiaki IDA

井田 喜明 Yoshiaki IDA

井田 喜明 アドバンスソフト株式会社
研究顧問

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台四丁目3番
新お茶の水ビルディング17階西
アドバンスソフト株式会社 本社

学位

理学博士

略歴

1965年3月 東京大学理学部物理学科 卒業
1970年3月 東京大学理学系研究科地球物理博士課程 修了
1970年4月 コロンビア大学ラモント研究所 ポストドクトラルリサーチフェロー
1971年4月 マサチューセッツ工科大学地球惑星科学科 助手
1972年8月 東京大学物性研究所 助手
1977年1月 東京大学海洋研究所 助教授
1985年4月 東京大学地震研究所 助教授
1986年4月 東京大学地震研究所 教授
2002年4月 東京大学 名誉教授
2002年4月 姫路工業大学(2004年度より兵庫県立大学)理学研究科 教授
2007年4月 兵庫県立大学 名誉教授
2007年4月 アドバンスソフト株式会社 研究顧問

学会および社会における活動

1987年1月~2003年12月 Journal of Volcanology and Geothermal Research (Elsevier)エディタ
1991年10月~1994年9月 日本学術会議火山学研究連絡委員会 委員長
1992年4月~1994年3月 日本火山学会 会長
1993年4月~2003年3月 火山噴火予知連絡会 会長
1996年4月~2000年12月 測地学審議会 委員、噴火予知特別委員会 委員長
1997年4月~2000年12月 国会等移転審議会 専門委員
2002年4月~2007年3月 文部科学省特定領域研究「火山爆発のダイナミックス」 領域代表者
2003年12月 交通文化賞(国土交通省)受賞

メッセージ

人生のほとんどの期間を大学で過ごして、固体地球の物性とダイナミクス、地震の震源過程、噴火の発生や火山の形成など、固体地球科学関連の研究を進めてきました。身の回りの自然現象がどんな基本原理に支配されているかに強い興味をもっています。

アドバンスソフト社に身を置く現在は、噴火現象の数値シミュレーションに夢中になっています。地震や噴火に加えて、地球表層環境の数値シミュレーションもいずれ手掛けるつもりです。

書籍

  1. 井田喜明, “地球を構成する物質のレオロジー”(岩波講座・地球科学, 2巻, p101-155), 岩波書店, 1978.
  2. 井田喜明, “アイソスタシーと地球のレオロジー”(岩波講座・地球科学, 10巻, p243-288), 岩波書店, 1978.
  3. 井田喜明, “地震と噴火:予知できない本当の理由”, 剄文社, 1992.
  4. 井田喜明訳(ロバート・デッカー/バーバラ・デッカー著)”, 火の山:噴火の驚異とメカニズム", 西村書店, 1995.
  5. 井田喜明, “マグマ”(火山の事典, p14-31), 朝倉書店, 1995.
  6. 井田喜明, “マグマの誕生から噴火まで”(火山とマグマ, p70-90), 東大出版会, 1997.
  7. 井田喜明, “火山災害”(岩波講座・地球惑星科学, 14巻, p88-114), 岩波書店, 1998.
  8. 井田喜明, “マグマ”(火山の事典・第2版, 下鶴, 荒牧, 井田, 中田編, p13-43), 朝倉書店, 2008.
  9. 井田喜明, “火山災害の種類と実態”(火山の事典・第2版, 下鶴, 荒牧, 井田, 中田編, p360-370), 朝倉書店, 2008.
  10. 井田喜明, “マグマの上昇過程”(火山爆発に迫る:噴火メカニズムの解明と火山災害の軽減, 井田, 谷口編;121-131)東大出版会, 2009.

業務・研究経歴

  1. 固体の融解、非静水圧下の熱力学に関する理論的研究
  2. 超高圧力下の弾性や相転移に関する実験的研究
  3. 地震の発生源と発生過程に関する理論的研究
  4. 固体地球のレオロジーに関する野外調査、実験、理論
  5. 固体地球のダイナミクスに関する理論的研究
  6. 火山性地震・微動に関する観測、データ解析、理論
  7. マグマの発生、蓄積、上昇通路に関する理論的研究
  8. マグマ上昇過程のシミュレーションと噴火スタイルの研究

発表論文

  1. Y. Ida, “Theory of melting based on lattice instability”, Phys. Rev. 187, 951 (1969).
  2. Y. Ida, “Thermodynamic problems related to growth of magma”, J. Geophys. Res. 75, 4051 (1970).
  3. Y. Ida, “Cohesive force across the tip of a longitudinal-shear crack and Griffith's specific surface energy", J. Geophys. Res. 77, 3796 (1972).
  4. Y. Ida, “The maximum acceleration of seismic ground motion”, Bull. Seismol. Soc. Amer. 63, 959 (1973).
  5. Y. Ida, “Slow-moving deformation pulses along tectonic faults”, Phys. Earth Planet. Inter., 9, 328 (1974).
  6. Y. Ida, “Interionic repulsive force and compressibility of ions”, Phys. Earth Planet. Inter. 13, 97 (1976).
  7. Y. Ida, “Oceanic crust in the dynamics of plate motion and back-arc spreading”, J. Phys. Earth 26, S55 (1978).
  8. H. Sato and Y. Ida, “A new technique for measuring diffusion coefficients of cations and anions in ionic crystals”, Phys. Earth Planet Inter, 25, 396 (1981).
  9. Y. Ida, “Convection in the mantle wedge above the slab and tectonic processes in subduction zones”, J. Geophys. Res. 88, 7449 (1983).
  10. Y. Ida, “Stress and relaxation time in the viscoelastic lithosphere inferred from the outer topographic rise”, J. Geophys. Res. 89, 3244 (1984).
  11. Y. Ida and M. Kumazawa, “Ascent of magma in a deformable vent”, J. Geophys. Res. 91, 9297 (1986).
  12. Y. Ida, “Anatomy of an eruption”, Nature 352, 571 (1991).
  13. Y. Ida, “Width change of a planar magma path: implication for the evolution and style of volcanic eruptions”, Phys. Earth Planet. Inter. 74, 127 (1992).
  14. J. Oikawa,Y. Ida and K. Yamaoka, “Source spectrum and source time function of volcanic tremor determined with a dense seismic network near the summit crater of Izu-Oshima volcano, Japan”, J. Geophys. Res. 99, 9523 (1994).
  15. Y. Ida, “Magma chamber and eruptive processes at Izu-Oshima volcano, Japan: buoyancy control of magma migration”, J. Volcanol. Geotherm. Res. 66, 53 (1995).
  16. Y. Ida, “Cyclic fluid effusion accompanied by pressure change: Implication for volcanic eruptions and tremor”, Geophys. Res. Lett. 23, 1457 (1996).
  17. M. Ichihara and Y. Ida, “Effect of lateral migration of melt on chemical compositions: Implications for the local variations of mid-ocean ridge basalt”, J. Geophys. Res. 103, 20949 (1998).
  18. Y. Ida, “Effect of the crustal stress on the growth of dikes: Conditions of intrusion and extrusion of magma”, J. Geophys. Res., 104, 17897 (1999).
  19. E. Fujita and Y. Ida, “Geometrical effects and low-attenuation resonance of volcanic fluid inclusions for the source mechanism of long-period earthquakes”, J. Geophys. Res., 108B2, 2118, doi:10.1029/2002JB001806 (2003).
  20. M. Ichihara, H. Ohkunitani, Y. Ida, and M. Kameda, “Dynamics of bubble oscillation and wave propagation in viscoelastic liquids”, J. Volcanol. Geotherm. Res., 129, 37 (2004).
  21. T. Kobayashi, Y. Ida, and T. Ohminato, “Small inflation sources producing seismic and infrasonic pulses during the 2000 eruptions of Miyake-jima, Japan”, Earth Planet. Sci. Letters 240, 291 (2005).
  22. A.,Terada and Y. Ida, “Kinematic features of isolated volcanic clouds revealed by video records”, Geophys. Res. Lett. 34, L01305, doi:10.1029/2006GL026827 ( 2007).
  23. Y. Ida, “Driving force of lateral permeable gas flow in magma and the criterion of explosive and effusive eruptions”, J. Volcanol. Geotherm. Res. 162, 172 (2007).
  24. T. Kobayashi, T. Ohminato, Y. Ida and E. Fujita, “Very long period seismic signals observed before the caldera formation with the 2000 Miyake-jima volcanic activity, Japan”, J. Geophys. Res, 114, doi:10.1029/2007JB005557, (2009).
  25. Y. Ida, “Dependence of volcanic systems on tectonic stress conditions as revealed by features of volcanoes near Izu peninsula, Japan”, J. Volcanol. Geotherm. Res., 181, 35 (2009).